ヴォイニッチ手稿 Voynich manuscript

1912年にイタリアで発見された古文書であるヴォイニッチ手稿の文字には、「音波と発声音節」などを示す意味があり、ヴォイニッチ手稿とは、楽譜や薬草、薬学や植物学、医学、宗教、神などに関する書物である可能性などがあるようです。

⇒ 謎の奇書「ヴォイニッチ手稿」の暗号をフィンランド人が解読!?

⇒ 謎のヴォイニッチ手稿の暗号は解読された、「神の預言者」が主張 その花の名前は、火の心。 etc…

⇒ 線をひけばすぐわかるヴォイニッチ手稿のイラスト

⇒ The Voynich Manuscript: Anatomy

⇒ Latvala plant 16152 Heart of Fire

⇒ Sacredness Heart of Fire

⇒ 聖心 燃える心臓

# 人類の月着陸と同様の創作されたネタ(偽の真実) # 洗脳の力

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中