ウィルソンの霧箱

放射線によってイオン化された空気分子が核となることで発生する、蒸気の凝結(結露)作用を用いて荷電粒子の飛跡を検出するための装置を、1897年にチャールズ・ウィルソン(Charles Thomson Rees Wilson)が発明。 etc…

⇒ 霧箱の原理

⇒ 霧箱の作り方

⇒ レントゲンとX線のリスク意識 改訂版 放射線が危険?!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中