日本語の正文が存在しないサンフランシスコ講和条約 etc…

サンフランシスコ講和条約は、英語、フランス語、スペイン語の三カ国語だけが、ひとしく正文であり、サンフランシスコ講和条約には、日本語の正文が存在しないため、正式には、日本は批准していないはずです。“日本語によって作成した公文を、正文というのは当りません。” etc…

⇒ サンフランシスコ講和条約の「ひとしく正文である」に当たる部分が、「英語、フランス語及びスペイン語」だけに係っていて、日本語には係りません。日本語によって作成した公文を、正文というのは当りません。

⇒ 日本はアメリカの属国である

⇒ 講和条約のうそ

⇒ 【動画】1945年の日本の降伏は、軍事占領の始まりを示すだけ etc…

台湾や日本は、独立国家どころではなく、米国の植民地や属国のようなものに過ぎません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中